アンティーク業界で先進的な取り組み 社員が安心して働ける会社作り

株式会社ラフジュ工房

代表
岩間 守様
従業員数
50名
事業内容
アンティーク家具などの買取、リペア、販売
URL
http://www.rising-preneur.co.jp/

Q1. 会社について教えてください。

ラフジュ工房は、「価値ある古家具を、現代の暮らしへ」という企業理念のもと、日本やイギリス、北欧などのアンティーク・ビンテージ家具について、 仕入れからリペア、販売までを手掛けている会社です。 古い味わいはそのままに、現代でも使いやすくリペア・リメイクした、実用的なアンティーク家具をお届けしています。
日本最大級のアンティークWEBショップ「ラフジュ工房」を運営しており、 アンティークにまつわるメディアサイトの制作やインテリアコーディネートの発信なども行っています。

Q2. 人事における課題は何ですか?

『会社の規模が拡大しても、社員一人ひとりと信頼関係を築いていく』

会社の規模が拡大するにつれて、社員一人一人の考えや適性を把握することや、社員に対して評価の公平性をわかりやすく示すことが難しくなってきました。 そういった環境では、社員との信頼関係を築くことが難しく、社員のモチベーション低下や離職にもつながりかねません。 社員の満足度を高め、良い人材を確保していくためにも、人事評価制度を改善する必要があると感じました。

Q3. 人事評価制度導入を選んだ理由

『社員の不安を払拭できる、適正でわかりやすい評価基準を確立したい』

今まで各社員の評価は、代表と専務で話し合って行っていました。
しかし、いくら公平な評価を心がけていても、評価制度が確立していないことで、部下に評価の根拠を明確に示すことができず、不安を与えてしまいます。 また、社員との間で評価対象項目の認識にズレがある場合もあり、社員は自身が正当に評価されていないと感じたり、 どう努力すれば良いのかわからず迷ってしまうこともありました。 そのため、評価の基準となるような、社員が納得できる適正な目標を定めること、 そして定めた目標に対する各社員の達成率を評価の根拠としてわかりやすく示すことが重要だと考えました。

Q4. あしたのチームを選んだ理由

『「社員にも納得してもらって導入したい!」
その想いを支えるあしたのチームの豊富な実績』

人事評価制度導入において、数多くの実績があり、様々な企業についてのデータを持っていることが一番の理由です。 実績数が多いほど、より良い評価制度を作るための、適正なアドバイスが得られると考えました。
また、実績数の豊富な企業に協力を依頼することで、社員への説得力も高まり、制度に対しての安心感につながると考えました。

Q5. 人事評価制度導入の懸念点はありますか?

「自社の業務や体制にマッチする評価制度にできるか」、「社員が納得するものができるか」・・・こういった悩みや不安は、 どの企業も導入の際に少なからず抱えているものではないでしょうか。 ですが、まずは一度制度を構築して導入し、運用を回していく中で必要に応じて軌道修正をしながら、より自社にフィットした制度に高めていければと考えています。

Q6. 人事評価制度に期待することは何ですか?

『人事評価制度は採用シーンでの武器にもなる!』

社員の満足度を高め、モチベーションアップや業務効率の向上につなげられればと思います。
また、アンティーク業界は、きちんとした人事評価制度を導入している企業が少ないのが現状です。
人事評価制度を弊社の強みとしてアピールし、採用活動へも活かすことができればと考えています。

そして弊社の成功事例が広がり、業界にプラスの影響を与えることができれば嬉しいですね。 そういった活用法に関するノウハウ提供もあしたのチームが持っている強みだと思うので、今後のサポートに期待しています。