制度を一緒に作り上げてくれる心強いサポートが、最大の決め手

株式会社サントス

代表
山本 秋彦
従業員数
290名
事業内容
総合物流
一般貨物運送
システム物流
物流コンサルティング
URL
https://suntos.co.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

当社は食品輸送の実績を積み重ねると共に、日本全国に物流ネットワークを築いてきました。クライアントの荷物をきめ細かいサービスで運ぶ事にとどまらず、入荷・受注・庫内作業・出荷・配送・在庫管理等、センター業務に関わる全てから問題点を分析し、お客様の物流改善のサポート企業を目指しています。物流という業界は、たとえ夜であってもその活動が止まることは無く、地域社会に欠かすことの出来ないリズムとして、偉大なる存在であり続けたいと考えています。また、サントスのSunは、数字の3を表現しています。誠心・誠意・誠実という3つの誠で、お客様のことを第一に考えた、総合的な物流の仕組み作りを行っていきます。

 

Q2.人事評価制度導入に至った経緯を教えてください。

人材不足が深刻で、今いる社員を辞めさせないことが最大の課題でした。特にドライバーの離職率が高かったので、モチベーションの向上、そしてその先にある売上向上のための施策、頑張りと報酬の連動のために改善策を打たなければと考えていました。

 

Q3.人事評価制度を入れてからの効果について教えてください。

人事評価制度を導入してから、次第に社内に浸透していき、特に評価項目にも入れている離職率に関して、社員の行動が変わったと感じています。具体的にはドライバーと所長のコミュニケーションが活性化しました。業務の中では聞けていなかった、日々のやり取りが活発に行われるようになりました。これは成果だけではなく、行動も評価できる人事評価制度ならではだと思います。その結果、離職率も下げることができました。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

先代の社長交代を機に、自社での制度構築も考えたのですが、困難だと感じ断念しました。4社で比較検討していましたが、あしたのチームと他社の違いは、制度構築から運用サポート、クラウドの活用まで全てできるというところでした。また担当コンサルタントの方が、私たちの思いに共感してくださったことも大きかったです。業界的に生産性を向上していくというのは中々難しいですが、会社としての思いをこの人事評価制度に落とし込み、その制度を一緒に作り上げてくれる心強いサポートが、最大の決め手となりました。