目標管理を中心とした人事評価制度を使うことで、個人の成長を期待!

一般社団法人 つくばユナイテッドサンガイア

代表
都澤 みどり
従業員数
13名
事業内容
大会やナショナルチームの誘致・環境整備(諸々の手配)や団体の運営
URL
https://www.tuvb.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

VリーグのV2にて、つくばユナイテッドサンガイアのバレーボールチーム運営と、つくば近郊の生徒を中心にバレーボール教室を運営している法人です。地域密着でつくばの地で活動をさせていただいております。
チーム名である、「Sun GAIA」の由来は、つくばという土地が「太陽と大地」の電影都市であるということから、大自然を象徴するSunとギリシャ語で大地の神を示すGAIAを用いていることからきています。また、GAIAは産学官民四位一体を合体させた名称でもあり、人・まち・スポーツが一体となった魅力的な社会貢献の思いが込められています。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

スタッフか選手に入れるか悩みましたが、育成という視点で選手への導入を決めました。クラブチームとして、選手としてのプレーについて今まで細かい評価制度をつかって評価をしてこなかったのですが、チームとして選手にやってほしいことはたくさんありました。試合のプレイのパフォーマンスに始まり、レッスンにおける生徒への指導、また自分やチームのファン獲得、グッツ販売など、多様なことです。現場に落とし込んではいたものの、全員のモチベーションにばらつきがあり、具体的な行動までには至っていませんでした。目標管理を中心とした人事評価制度を使うことで、個人の成長を期待したいとおもい、導入をきめました。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

一番は選手が目標に向かって行動する、自立型の人材になって欲しいと考えています。レッスン指導など運営の意識を持ち、営業企画など率先して行動していって欲しいです。そうすることで、個人の成長が図れるだけではなく、チームとしての結束が生まれたり、自然とファンが増えてくるなど、ある一定の結果がついてくると考えています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

ちょうど目標を管理できる制度を検討しており、選手一人ひとりの行動へつなげたいと考えていた時に、あしたのチームとのつながりを持てたと考えています。私たちが目指している、選手の成長と自立型人財への教育という視点で、あしたのチームの行動目標の自己設定や四半期評価といった制度のポイントがチームや選手のためになると思いました。