何をやれば評価されるのかを明確に打ち出す仕組みを!

Future'I'Mark株式会社

代表
脇田 龍太郎
従業員数
20名
事業内容
コスト削減を主体とした各種ITソリューションサービス ・クラウド・AIを用いた業務改善コンサルティング ・歯科医院向け動画配信プラットフォーム”Tooth Tooth TV™”の運営
URL
https://future-i-mark.co.jp/

Q1.人事評価制度を入れてからの効果について教えてください。

そもそも人事評価制度自体が無いところからのスタートでした。
海外であれば、社員一人一人に課せられているKPIが明らかで、自身が何を頑張れば評価されるのかが明確な中、日本ではそれが不明確であると以前から感じていました。社員自身がやるべきことや何をやれば評価されるのかを明確に打ち出す仕組みが作りたかった、という所が導入のきかっけです。
人事評価制度導入後は、全社員が数字で会話、コミュニケーションを取りやすい関係になりました。部下から上がってくる意見についても、「達成」というキーワードが増え、評価を意識する動機付けになったと考えています。
また、会社は何を目指していて、何を社員に求めているのかを明示し、それに対して評価される仕組みが出来たことにより、社員の意識も確実に変わってきていると感じています。会社の数字としては、前年比、売上:1.3倍、人員:2.5倍となりました。今後の事業拡大を見越して、早い段階から導入して良かったです。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労、どうやって乗り越えたましたか?

『企業の成長ステージに合わせた評価制度へとアップデートさせていくこと』
変化の速い企業であるが故に、評価期間3カ月の中でも追いかけるべき目標が変わる事が多々あり、その対応が難しいと感じています。
その都度、柔軟に対応してきましたが、今後その対応の仕組みを作っていきたいと考えています。

Q3.働き方改革に向けた取り組みについて、教えて下さい。

現時点で行っている事は、「フレックス制度の導入」です。
お子さんがいらっしゃる社員でも働きやすい環境づくりや、在宅の方にも遠隔でタスクが割り振れるような仕組みづくりをすることで、多様な働き方を推進していきたいと思っています。
また、今後行っていきたい事としては「社内に保育所を作ること」や、遠隔でマネジメントできるような仕組み、働く場所を問わず仕事が出来る仕組みづくりも積極的に行っていき、労働リソースの獲得をしていきたいです。

Q4.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

思い立ったら即行動という文化のため、1か月前にやっていることと現状取り組んでいることに差があることが多く、評価の内容が変化に耐えきれないということが発生しています。例えば1月から評価期間がスタートする中で、12月末時点で翌期に追うべき数字が確定していない、などの状況です。このスピードに対応できる評価制度としていくかは今後の課題であると共に、3カ月ごとの進捗を追えるようにしていけるような仕組みづくりを考えています。
また、今後の戦略や方向性など会社の情報を見える化していってほしいという社内の要望があります。会社として社員に伝えるべき情報を初めに共有するスキームを作っていければと考えています。