主体性が自然と身についてきた!

株式会社エイムプレイス

代表
河上 隼人
従業員数
25名
事業内容
Webコンサルティング事業、インターネットメディア事業、人材紹介事業
URL
https://aimplace.co.jp/

Q1.人事評価制度を入れてからの効果について教えてください

導入前までは会社が提示した目標数字に対し、ただ「向き合うだけ」の社員が多かったですが、人事評価制度の導入後は「達成するために具体的にどうすればよいのか」「優先してまずやることは何なのか」等しっかり考えてくれる社員が増えたように思います。主体性が自然と身についてきたなと感じますし、近い将来どんなキャリアを積んでいきたいのか、自分はどうなりたいのかをハッキリと表現できるメンバーが増えて嬉しく思っています。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労、どうやって乗り越えましたか?

目標に対してどんな行動をとるのがベストなのか、その中で具体性をもった行動が出来るような考え方をしてほしいのですが、中々組み立てるのが難しいメンバーもいて、当初は被評価者と1次評価者の双方に対しての指導に苦労しました。しかしこれは粘り強く、そして分かりやすく指導していくしか方法はありませんので、一人一人の評価シートにすべて目を通して、細部までコメントを書き、そのうえで個別で面談を何度もするなどして乗り越えてきました。

 

Q3.働き方改革に向けた取り組みについて

僕たちのようなインターネット事業領域でこれから拡大していこうと思っている中小企業は、「一人一人の生産性を高めること」が第一の大きな取り組みになるのかなと思っています。何をどうすれば今よりも効率が良くなるのか、短時間で最大の利益を出すにはどのような方法があるのか等、社員が経営者視点で物事が捉えられるような指導をしていますし、意見が上下関係なく積極的に発言できるようなコミュニケーションを大事にしています。また、楽しく快適に働けるような福利厚生への取り組みは参考になる企業もたくさんありますし、そういった制度をどんどん取り入れるようにしています。

 

Q4.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

当社の行動指針に掲げているのが、何よりも「スピード」です。のんびりしていると、とにかく勿体ないですし、チャンスを逃すことになりかねないので、社員には特に「スピード」を意識してもらいたいと思っています。相手の期待以上に、迅速に行動するにはどういった方法があるのかを、常に頭で考えて行動に移せるような人材を育成していきたいと思います。