手厚い運用おせっかいサポートで 社員に評価制度の運用意義を浸透!

株式会社エムトラスト

代表
三科 正徳
従業員数
37名
事業内容
建物の調査診断から、防水、塗装、内装などリニューアル工事一式を請け負う工事会社
URL
http://www.m-trust.jp/

Q1.会社について教えて下さい。

株式会社エム・トラストは、防水工事とそれに付帯する工事業会社として平成9年に創業しました。現在ではリニューアル全般にわたる工事を幅広く手がける程に成長することができています。たゆまぬ事業改革と現場での誠実施工で、建物の耐用年数を延長し、居住環境を向上させています。当社はスタッフの技術教育にも力を入れ、多様な分野にわたる工事資格者を擁するとともに協力会社も60社以上を超え、いかなる現場でも対応できるよう体制を整えています。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

社員の育成というところが大きな課題でした。管理職においては部下へのアドバイスが厳しめであること、営業職においては仕事をとっていこうという意識が不足しているなど、一人一人の社員に求めることはあるものの、なかなか思うようにいっていませんでした。

 

Q3.人事評価制度導入を選んだ理由を教えてください。

納得感のある査定をしていきたいと思ったのが一番の理由です。誰が、誰の何を評価し、評価結果がどう給与に紐付いているのかがわかりにくかったため、そこを明確化し社員に納得感を持たせたかったという経緯がありました。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

信頼する社労士の方のご紹介がきっかけではありましたが、報酬との連動はもちろん、評価制度の構築だけでは終わらず、運用おせっかいとして第三者的にアドバイスをいただけるというのがあしたのチームを選んだ理由です。

 

Q5.「働き方改革」への取り組みを教えてください?

現場の社員に対して、休暇を取りやすいように対策を打っています。具体的には現場のグループリーダーに1人補助員をつけ、定期的に休みの調整を行い、現場の社員が休みを取りやすいように会社として取り組んでいます。

 

Q6.今後の展望をお聞かせください

より一層会社を大きくしていきたいです。そのために、社員の働き方に対してより待遇改善をしていき、年齢が高重ねてもまだ働きたいと思ってもらえるような組織づくりをしていきたいと考えています。