風通しのよさはそのままに 人事評価制度でメリハリある組織へ

株式会社河合経営研究所

代表取締役
河合 利彦 (正式な役職:所長)
従業員数
6名
事業内容
税理士法人
URL
http://www.shnp.jp/clarinetportal/index.aspx

Q1.会社について教えてください。

当事務所では、税理士業、社会保険労務士業を行い、労務と税務をワンストップでサポート。人事の専門家として、企業担当者に代わって社会保険・労働保険・助成金申請・給与計算、各種手続事務等、事務処理を代行し、労務管理・労務相談の要望に対し的確に応え、お客様の会社の経営方針に沿った方法を共に考え、解決していきます。

 

Q2.人事評価制度導入を選んだ理由

今の文化を残しつつ成長できる環境へ
少人数ということもあり、風通しの良い環境で離職も少ない弊社ですが、その反面で厳しさが足りない部分がありました。今の文化を大事にしつつ、自己研鑽に励み一人一人が主体的に行動できるようになるためには、目標を自己設定し、評価していく仕組みが必要だと感じました。

 

Q3.あしたのチームを選んだ理由

社員の成長につながるコンピテンシー目標
コンピテンシー(※)による行動目標を自己設定して評価を行うことで社員の納得感を醸成でき、かつそれが最も社員の成長に繋がると感じたためです。以前構築していた評価制度が形骸化しており、「きちんと運用することこそが一番難しい」ということを痛感していたため、期日管理を含めた運用サポートをして頂ける所に魅力を感じました。
(※)コンピテンシー:仕事ができる人の行動特性

 

Q4.あしたのチームに期待することは何ですか?

運用が軌道にのるまでおせっかいなサポートを
目標設定の仕方、評価者の甘辛などの様々な悩みに対して、寄り添ってサポートしていただくことを期待しています。評価制度は運用が難しいことは理解しているので、特に難しい「目標の自己設定」は、最初はなかなかうまくいかないかもしれません。しかし、しっかりと運用が軌道に乗るよう、おせっかいなほどに関わっていただければと考えております。