コンピテンシーにより一人ひとりの評価を明確化へ

株式会社ワンエンタープライズ

代表取締役
一橋 斉明
従業員数
20名
事業内容
アミューズメント機器リース・ダーツカフェの経営
URL
https://www.one-ep.co.jp/

Q1.会社について教えてください。

ダーツカフェの運営と、ダーツなどのアミューズメント機器のリース・販売をしています。人との繋がりを大切に、仲間と共に成長し、ワクワクすることができる会社を目指しています。

 

Q2.人事における課題は何ですか?

人材育成です。教育として外部研修や、日々の目標管理などを行っていますが、一人ひとりの成長の見える化と、その結果をきちんとフィードバックすることができていませんでした。
個々の成長を見える化し、それを給与と連動させることは、社員の満足度を高めるためにも必ず必要だと考えています。

 

Q3.人事評価制度導入を選んだ理由

社員の成長や貢献度をきちんと報酬へ連動していきたいという想いは兼ねてよりありました。単に頑張った、頑張れなかったということを振り返るだけでなく、頑張った社員にはより給与を上げたいと思っています。そのためには、評価と報酬が連動する人事評価制度は必須だと考えたため、人事評価制度の導入を決意しました。

 

Q4.あしたのチームを選んだ理由

補助金や助成金も利用できたこともありますが、目標管理システムがIT化しているというところはポイントでした。効率的に評価業務が行えるということもあり、運用できるイメージが沸いたからです。また、クラウドシステムを利用しながら、あしたのチームによるサポートもあるというところは大きな魅力でした。

 

Q5.人事評価制度導入の懸念点はありますか?

不安ということではありませんが、導入後に自社でしっかりと運用でき、成果にしっかり連動するところまで定着することを望んでいます。

 

Q6.人事評価制度に期待することは何ですか?

人事評価制度によって社員全員が「この会社に入って良かった」と思える環境にしていきたいと考えています。全員が成長し、その結果給与も上がっていくという仕組みの中で、社員が会社と共に伸びていくことが出来れば最高ですね。